国内旅行

【2021年決定版】“初めての沖縄旅行・観光スポット・一人旅行”【久米島諸島エリア】

久米島、粟国島、渡名喜島のみんなの口コミが沢山書かれているリアル情報をお届け

久米島

久米島町 久米島ホタル館

久米島に生息している生物の展示や標本などがある。

引用:wikipedia

ミーフガー

大きな割れ目のある岩。女性が拝むと子宝に恵まれるとの言い伝えがある。

引用:wikipedia

宇江城城跡

宇江城城は、沖縄県島尻郡久米島町仲里宇江城にあるグスクである。 城跡は2009年7月23日に国の史跡に指定されている。

引用:wikipedia

アーラ浜

アーラ浜は、沖縄本島から西に約100km、沖縄諸島に属する久米島南西部にある砂浜。

引用:wikipedia

五枝の松

久間地集落にある樹齢約250年のリュウキュウマツ。伊平屋島の念頭平松と並んで沖縄県二大名松とされる。日本国内でも1本の松がこれだけ枝を広げた姿は珍しい。

引用:wikipedia

ヤジャーガマ洞窟

島西部にある鍾乳洞。全長800メートルにも及ぶ規模である(現在は途中迄で折り返し)。

引用:wikipedia

久米島町役場 久米島ウミガメ館

生きたウミガメに会える施設。 ウミガメは絶滅の危機にあり、その現状や生態が学べる。久米島の貝の展示コーナーもある。

引用:久米島ウミガメ館

上江洲家住宅

1754年建築で現存する沖縄県最古の民家。上江洲家は地頭代をつとめた家柄。

引用:wikipedia

おばけ坂

島西部にある短い坂。下り坂だが途中から上り坂に見えるため、物を転がすと上り坂を上っていくように見える。

引用:wikipedia

粟国島

マハナ展望台

渡名喜島

アンジェーラ浜

アンジェーラ浜は、島の東南に位置する延長約500mの浜で大岳とヲモとの間に位置しています。島内の浜の中では奥行きが最も大きく、浜辺にはハマボウフウなどが自生し、リーフ内にはカニやジュゴンの食草となる海の草原が広がっています。またアーサの養殖も行っています。沖はウミガメがたくさん見られるダイビングスポットとしても知られているので、運が良ければシュノーケリングでも見られる可能性があります。

引用:渡名喜村役場

大本田(ウーンダ)展望台

大本田からは久米島・粟国島・慶良間諸島が一望できます。その立地特性を活かして、王府時代には烽火台が設置され、久米島から座間味島への烽火を取り次いでいました。

引用:渡名喜村役場