国内旅行

【2021年決定版】“初めての沖縄旅行・観光スポット・一人旅行”【慶留間島諸島エリア】

座間味島、阿嘉島、慶留間島、渡嘉敷島のみんなの口コミが沢山書かれているリアル情報をお届け

座間味島

古座間味ビーチ

2016年にトリップアドバイザーが発表した「トラベラーズチョイス世界のベストビーチ2016」の日本国内のランキングで4位となった

引用:wikipedia

高月山展望台

標高131m。波静かな阿(安)護の浦湾を望む

引用:wikipedia

阿嘉島

北浜ビーチ

2016年にトリップアドバイザーが発表した「トラベラーズチョイス世界のベストビーチ2016」の日本国内のランキングで9位となった

引用:wikipedia

阿嘉港

阿嘉島と座間味島を結ぶ村内航路。「みつしま」が運航される。座間味港 – 阿嘉港 – 阿波連港(渡嘉敷島)「ケラマ航路」と通称される。2013年4月より「みつしま」を使用し運航を開始した。1日2便が設定されているが、予約があるときのみ運航するオンデマンド方式である

引用:wikipedia

渡嘉敷島

阿波連ビーチ

阿波連集落に沿って約800mの白砂の浜が続く。正面にシブがき島がある。阿波連ビーチは2016年にトリップアドバイザーが発表した「トラベラーズチョイス世界のベストビーチ2016」の日本国内のランキングで6位となった

引用:wikipedia

慶良間諸島国立公園

慶良間諸島は、沖縄県那覇市の西方約40kmの地点に位置する、大小30余りの島々と数多くの岩礁からなる島しょ群で、平成26年3月5日(サンゴの日)に31番目の国立公園として指定されました。透明度の高い海域景観、多様なサンゴが高密度に生息するサンゴ礁、ザトウクジラの繁殖海域、多島海景観、白い砂浜、海食崖とそこに発達した風衝地特有の植生など、海と陸が連続した多様な景観を有し、陸域が3,520ha、海域は90,475haと公園区域の大半が海域となっている国立公園です。沖縄本島(那覇市泊港)から高速船で約35~50分とアクセスが良好で、ケラマブルーと称される美しい海でのダイビングやシュノーケリング、冬にはホエールウォッチングも楽しむことができます。

引用:環境省

照山展望台

渡嘉志久ビーチと阿波連ビーチの間にある展望台です。階段が多く延々登っていきますが、2月〜3月は村花のケラマツツジが咲き乱れ、展望台からはザトウ鯨がみれる事も・・渡嘉志久ビーチと阿波連ビーチが両方眺めて贅沢です。こちらも外せない景勝地の一つです。

引用:渡嘉敷観光

クバンダキ展望台

阿波連ビーチの西側に南西に突き出した岬で、中心部が標高27メートルの丘になっています。クバンダキといわれるのは、近くのクバ山を意味するためでもありますが、座間味村の久場島へのお通しを行う拝所であることにもちなむ名前でもあると思われます。

引用:渡嘉敷観光

渡嘉志久(とかしく)ビーチ

半円状に約800m続く白砂の浜。宿泊施設が少ないため、阿波連ビーチに比べて人が少ない。

引用:wikipedia