国内旅行

【2021年決定版】“初めての沖縄旅行・観光スポット・一人旅行”【北部エリア】

目次

国頭村、水納島、大宜味村、東村、名護市、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、伊江島、伊是名島、伊平屋島、野甫島のみんなの口コミが沢山書かれているリアル情報をお届け

国頭村(くにがみそん)

辺戸岬

辺戸岬は、沖縄県国頭郡国頭村辺戸に属し、太平洋及び東シナ海に面する岬。沖縄島の最北端にある。好天の日は、22km離れた奄美群島の与論島や沖永良部島を望むことができる。かつては沖縄海岸国定公園に含まれていたが、2016年に新設されたやんばる国立公園に移管された。

引用:wikipedia

やんばる国立公園

やんばる国立公園は、沖縄県国頭郡国頭村、大宜味村および東村ならびにこれら3村の周辺海域を区域とする国立公園である。 当公園の国立公園の指定は、日本全国で33番目である。新規の指定としては、2014年の慶良間諸島国立公園以来2年ぶりで、沖縄県内においては3番目の指定となる。

引用:wikipedia

大石林山

大石林山は、沖縄県国頭郡国頭村に所在する、株式会社南都が運営する観光施設である。

引用:wikipedia

ヤンバルクイナ展望台

高さ11.5mと村の鳥をモチーフにした展望台であり、辺戸岬等の雄大な景勝地を望むことができる。

引用:国頭村

ヤンバルクイナ生態展示学習施設

国の天然記念物「ヤンバルクイナ」の生態が見れる施設です。本村はヤンバルクイナ保護活動を実施しており、生態を展示し公開する事で、保護の普及啓発を行ないます。

引用:国頭村

安田くいなふれあい公園

琉歌”安波節”の中で歌われているマハンタを公園整備した場所であり、安波の集落を見渡せる憩いの場として利用されています。

引用:国頭村

水納島

水納ビーチ

大宜味村

喜如嘉ターブク(オクラレルカ畑)

満開の時期は毎年4月上旬~中旬頃。鮮やかな紫色の花が咲き、花々が辺り一面を覆い、まるで紫のじゅうたんのような美しい田園の景観を楽しむが出来る。

引用:wikipedia

六田原展望台

塩屋富士(317.4m)の中腹にある、塩屋湾を一望できる展望台。屋古地区から押川集落へ抜ける道路沿いに位置。全く手入れがされておらず、草に覆われており、ハブ等に注意が必要。閉館したホテル・サンセットビューインシャーベイの付属施設だった。

引用:wikipedia

喜如嘉の七滝

喜如嘉集落先の森の中に位置する。滝からの清涼な風が清々しく、古い信仰の名残と神秘的な空気が荒らされずに残る。パワースポットとして人気がある。

引用:wikipedia

道の駅おおぎみ

道の駅おおぎみは、沖縄県国頭郡大宜味村の国道58号沿いにある道の駅。2020年2月22日から旧大宜味中学校跡地に移転。「やんばるの森ビジターセンター」が併設されている。

引用:wikipedia

東村

東村村民の森つつじエコパーク

5万本のつつじと豊かな自然を満喫できる。周囲には福地川が注ぐ美しい入り江や、整然と広がるパイン畑が見られ、南国情緒にあふれる。

引用:東村観光推進協議会

東村ふれあいヒルギ公園

ヒルギ類は、熱帯から亜熱帯の海水と淡水が混ざり合う河口近くに生える植物で、マングローブ林の中心になるもの。ここではメヒルギ、オヒルギ、ヤ工ヤマヒルギの3種が見られる。中でもヤ工ヤマヒルギは、 ここが分布の北限。国指定天然記念物。ふれあいヒルギ公園慶は佐次湾のヒルギ林周辺に整備された公園。ヒルギを間近で観察できる木道や展望台が設けられている。

引用:東村観光推進協議会

福地川海浜公園

福地川海浜公園は海辺のキャンプ場としてご利用いただけます。ビーチにはハブクラゲ防止ネットが整備されているので、安心して海水浴を楽しめます。バナナボートやカヌー、サップのレンタルなどのマリンアクティビティーも楽しめます。

引用:福地川海浜公園

慶佐次ウッパマビーチ

沖縄本島北部の東村慶佐次にあるビーチで、ウッパマとは大きな浜という意味だ。名前の通り遠くの方まで美しい砂浜が広がっており、自然の状態でそのまま残されているため、海の透明度も凄く高い。ビーチには木々が生い茂り、木陰も多いため、海を眺めながらのんびりと過ごすのも良い。家族や友人、カップルなどどなたとでも楽しめるビーチ。砂浜にはサンゴの欠片などが多く落ちている為、裸足よりサンダルやマリンシューズなどで歩くのがおすすめ。

引用:東村観光推進協議会

東村特産品加工直売所サンライズひがし

特産品の販売やレストランもあり、地元の方だけではなく、「やんばる」ドライブの休憩所として、多くの観光客が訪れる憩いの施設。

引用:サンライズひがし

名護市

ナゴパイナップルパーク

パイナップルの栽培について学べるテーマパーク。見学ツアーや試食を楽しめる。カフェとギフトショップも併設。

引用:ナゴパイナップルパーク

ネオパークオキナワ

ネオパークオキナワは、沖縄県名護市にある名護市立の動植物公園。1992年12月1日に開園。管理・運営は指定管理者制度により、名護自然動植物公園株式会社が行なっている。 園内にある広大なフライングケージでは、鳥類が放し飼いにて飼育されており、ケージ内を自由に飛び回る姿は、亜熱帯気候の開放感さながらである。 1998年にヤンバルクイナの人工孵化に世界で初めて成功した。また、ヤンバルクイナの保護個体の長期飼育に成功しており、環境省の保護増殖事業における飼育下繁殖施設にも指定されている。

引用:wikipedia

OKINAWAフルーツらんど

OKINAWAフルーツらんどは、沖縄県名護市字為又にあるテーマパークである。

引用:wikipedia

オリオンハッピーパーク

ビール製造プロセスのガイドツアー。瓶詰ラインを見ることができる。試飲もできる。

引用:オリオンハッピーパーク

名護城公園

名護城は、沖縄県名護市字城にある城跡である。城跡一帯は「名護中央公園」として整備されており、日本さくら名所100選の1つとして「名護城公園」が選ばれている。名護按司の居城だったと伝えられる。

引用:wikipedia

21世紀の森ビーチ

ひんぷんガジュマル

ひんぷんガジュマルは、沖縄県名護市にあるガジュマルの巨木である。幸地川に架かるあなだ橋のたもとにあり、名護大通りに挟まれている。名称は、樹下に置かれている石碑三府龍脈碑の別名「ヒンプンシー」に由来する。「ひんぷん」とは、沖縄の伝統的家屋で正門と母屋の間に立つ、目隠しの塀のことである。

引用:wikipedia

はい菜!やんばる市場

ファーマーズマーケットやんばる「はい菜!やんばる市場」は平成18年3月に地域の強い要望により誕生しました。当初は仮設でスタートしましたが、同年11月に現店舗がグランドオープンしました。シークヮーサー、パインアップルやスイカなど、やんばるは果実の産地。日本一早い新茶が楽しめる呉我茶(ごがちゃ)や、温暖な気候を活かして二期作で作られる羽地米(はねじまい)など、やんばるならではの特産品が自慢です。

引用:JAおきなわ

名護市営市場

名護市営市場は、沖縄県名護市にある市営市場。地元で取れた青果物や名護港で水揚げされた魚介類などが販売されている。

引用:wikipedia

ブセナ海中公園(グラス底ボート・海中展望塔)

ブセナ海中公園は沖縄県名護市の部瀬名岬にある海中公園。沖縄観光開発事業団により建設され、本土復帰以前の1970年にオープンした。海中公園がある岬の先端と西岸はブセナリゾートとして整備されている。

引用:wikipedia

今帰仁村

今帰仁城跡

今帰仁城は、沖縄県国頭郡今帰仁村に位置する城跡である。 14世紀、琉球王国成立以前に存在した北山の国王・北山王の居城であった。国の史跡に指定されている。

引用:wikipedia

長浜ビーチ

今帰仁村に点在する天然ビーチの代表格。広い砂浜でのんびり過ごしてみよう。今帰仁村の海岸沿いには手つかずのビーチが数多く残っていますが、比較的名が知られているのが長浜ビーチです。ビーチの入口は東西の2か所あり、東側の入口は公衆トイレが目印。周辺の空きスペースに車を停め、モクマオウやアダンなどの植物群落に覆われた細い道を20mほど進むと真っ白な広い砂浜と青い海が目の前に現れテンションがあがります。西側の入口は海が見えるところまで車で行けますがこちらも駐車は空いたスペースに。長浜ビーチの砂浜の長さは約300m。遠浅でスノーケリングも楽しめますが監視員などいないため、注意して遊びましょう。

引用:今帰仁村観光協会

本部町

沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館は、沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区の水族館。一般財団法人沖縄美ら島財団が管理・運営している。「チュらうみ」とは沖縄の方言で「清〔きよ〕ら海」という意味。 完成当初世界最大だった大水槽「黒潮の海」を泳ぐジンベエザメ、ナンヨウマンタなどが人気で、沖縄県の著名な観光地となっている。2005年にアメリカ合衆国のジョージア水族館が開館されるまでは世界最大の水族館であった。 水族館の周辺には、オキちゃん劇場など、無料で見学できる施設も整備されている。 美ら海水族館は沖縄で最も人気のある観光名所で、コロナ前は年間入館者数が300万人を超えていた。但し、所在地は那覇から遠い上に、利用可能な公共交通機関はバスのみであるため、県外の観光客が行く場合はレンタカーを使う事が多い。移動時間は、高速道路を使った場合で片道約2時間必要であるため、滞在期間のうち丸1日を美ら海水族館とその周辺の観光に充てる必要がある。

引用:wikipedia

オキちゃん劇場

海洋博公園

国営沖縄記念公園は、沖縄県の沖縄本島にある国営公園。大きく沖縄県本部町にある海洋博覧会地区と、那覇市にある首里城地区の二つの地区に分けられる。海洋博覧会地区は日本の都市公園100選、首里城地区は日本の歴史公園100選にそれぞれ選ばれている。 事業主体は内閣府沖縄総合事務局であり、計画・整備は同局が実施しているが、管理は一般財団法人沖縄美ら島財団に委託されている。 

引用:wikipedia

国営沖縄記念公園エメラルドビーチ

熱帯ドリームセンター

備瀬のフクギ並木

海洋文化館・プラネタリウム

かつて太平洋の大海原を渡った先人たちの知恵と勇気を、豊富な展示で紹介します。プラネタリウム番組「沖縄ぬちゅら星」では、今の時期に沖縄で見られる星たちを、沖縄に伝わる民話とともに紹介します。大型カヌーなど約750点の貴重な展示資料や、太平洋を描いた床地図と壁面を利用した大型映像など見どころが満載です。プラネタリウムでは、最大恒星数1億4千万個に及ぶ美しい星空をドームスクリーンいっぱいに表現します。

引用:海洋文化館

備瀬崎

八重岳桜の森公園

八重岳桜の森公園は、”日本一早咲き”をキャッチフレーズに、1月中旬から2月上旬にかけて開催される本部八重岳桜まつりの主会場であり、1月から2月上旬にかけ役7,000本の色鮮やかな桜が開花する八重岳の中腹にあります。公園には、遊具や休憩施設、トイレ、多目的広場などが完備され、また、やんばるの森と思わせる青々とした木々や花々が咲き誇り、県内各地から多くのお客様が訪れます。

引用:本部町

恩納村

万座毛

万座毛は、沖縄県国頭郡恩納村にある名勝地。恩納村のほぼ中央、東シナ海に面した標高約20メートルの琉球石灰岩からなる絶壁で、象の鼻に似た奇岩がある。崖上は芝生台地となっている。沖縄海岸国定公園である。

引用:wikipedia

琉球村

琉球村は、沖縄県国頭郡恩納村山田にある、沖縄の文化・自然などをテーマとしたテーマパークである。1982年にオープンした。面積は9万5000平方メートル。多くの古民家が移築されており、やや昔の伝統的な沖縄の村が再現されている。「新おきなわ観光名所100選」指定の観光名所となっている。登録有形文化財の一般的民家などがある。

引用:wikipedia

万座ビーチ

真栄田岬

「真栄田岬」は沖縄県恩納村真栄田区にある岬である。万座毛と同じく琉球石灰岩で形成される断崖が連なり、隆起サンゴ礁が三角に突き出し、崖下には入り江と岬、深い青色の海が広がっている。岬にある洞窟は、青の洞窟 としてよばれダイビングスポットとなっている。 悪天候の場合は遊泳禁止となる。*真栄田岬の公式ホームページでは本日の海の状況を確認でき入水の可、不可が分かる。冬にはクジラを見ることもできる。

引用:wikipedia

ムーンビーチ

ムーンビーチとは、沖縄県国頭郡恩納村字前兼久1203に位置する海水浴場。隣接するホテルを指して称する場合もある。

引用:wikipedia

ビオスの丘

ボート、水牛車、カヤック、動物と触れ合える場所、カフェがある緑豊かで閑静な自然公園。

引用:ビオスの丘

青の洞窟

奥行きは約30メートル。地元では「クマヤーガマ」と呼ばれ、かつては台風の時などに漁師が船の避難場所として利用していた。「青の洞窟」と呼ばれている理由は、洞窟の入り口から太陽光が差し込み、透明度の高い海水を通過して海底で反射した光が暗い洞窟内の海水面から抜け、それが海底からライトアップされたような効果となり、入り口付近の海水を青い光で満たす仕組みになっているため、洞窟全体が青く染まることに由来する。朝・昼・夕で洞窟内の青色にも変化が見られる。洞窟は崖の下にあり、単独での遊泳には危険も伴うため、地形を熟知した地元の人間や近隣のダイビングショップなどに案内を依頼するのが無難である。水中洞窟でありドーム天井になっているため、水面をシュノーケリングしながら中に入ることもできる。洞窟は東シナ海へ繋がっており、クマノミなど、南海の生物を観察できる。

引用:wikipedia

おんなの駅 なかゆくい市場

海沿いにある市場。特産品や鮮魚を販売。沖縄そばやデザートの店もある。

引用:おんなの駅 なかゆくい市場

フォレストアドベンチャーin恩納

森の中の 4 つのジップスライド コースとクライミングを楽しめる公園。小さな子供など世代やレベルにかかわらず楽しめる。

引用:フォレストアドベンチャーin恩納

宜野座村

漢那ダム湖畔公園

多目的イベント広場などを含む湖畔公園として整備された。湖畔公園内に沖縄における茶業発祥地の記念碑がある。これは1627年(天啓7年)に金武王子朝貞が薩摩から茶の種子を持ち帰り、現在湖底となっている茶敷(ちゃしき)と呼ばれる地区に植えたとされることにちなむ

引用:wikipedia

金武町

観音寺

金武観音寺は、沖縄県国頭郡金武町にある高野山真言宗の寺院。山号は「金峯山」。本尊は聖観音。寺社建造物の多くが太平洋戦争で消失した沖縄県下で、戦前の古い建築様式が残る貴重な木造建造物である。

引用:wikipedia

ウッカガー(金武大川)

「長寿の泉」ともよばれ一日千トンもの水が湧き出る並里区の先人からの文化遺産です

引用:金武町観光

金武地区公園(きんタームランド)

遊具わきの広場では、野球・グラウンドゴルフ等が楽しめます。

引用:金武町

大川児童公園

大川西公園はウッカガー(金武大川)の道向かいにある公園。公園内には小さなお子様でも遊べる遊具や、水遊び場、東屋などが整備されています。

引用:金武町公式観光情報

伊江島

伊江島タッチュー(城山)

城山は、沖縄県国頭郡伊江村にある山である。伊江島の中央にそびえる島のシンボルである。標高は172.2メートル。

引用:wikipedia

リリーフィールド公園

4月下旬から5月にかけて100万輪のテッポウユリが咲き、「伊江島ゆり祭り」が開催される。

引用:wikipedia

ニャティヤ洞

女性が持ち上げると子宝に恵まれるという、霊石「力石」がある。第二次大戦中は防空壕として利用され、多くの人を収容したことから「千人洞」(せんにんがま)とも呼ばれる。

引用:wikipedia

伊是名島

伊是名城跡

伊是名城は、伊是名島の東南にそびえるグスクである。沖縄県指定史跡。

引用:wikipedia

伊平屋島

念頭平松

念頭平松は、沖縄県島尻郡伊平屋村田名に生育しているリュウキュウマツである。推定の樹齢は200年以上または300年以上の説があり、久米島町に生育している「久米の五枝のマツ」と並んで沖縄県の2大名松と評価されている。リュウキュウマツの名木として、1958年に、アメリカ合衆国占領下の琉球政府指定天然記念物、1990年に、「新日本名木100選」に選定され、2016年に、伊平屋島の念頭平松として国の天然記念物に指定された。

引用:wikipedia

くまや洞窟

野甫島

野甫大橋

野甫大橋は、沖縄県島尻郡伊平屋村の伊平屋島と野甫島の間に架かる沖縄県道179号田名野甫線の橋長320 mの橋。

引用:wikipedia