国内旅行

【2021年決定版】“初めての沖縄旅行・観光スポット・一人旅行”【中部エリア】

宜野湾市、沖縄市、うるま市、読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村のみんなの口コミが沢山書かれているリアル情報をお届け

宜野湾市

トロピカルビーチ

トロピカルビーチは、沖縄県宜野湾市の宜野湾海浜公園内にある人工海浜。平成18年4月1日に「財団法人宜野湾市公共施設管理公社」が解散し、「アクト総合サービス」に管理が移譲した。2018年4月1日から、宜野湾市の宜野湾海浜公園他指定管理者選定等委員会における審査により「はごろもPMサービス」が5年間の期間で指定管理者となった。

引用:wikipedia

嘉数高台公園

地球を模した展望台から普天間基地を一望できる。

引用:wikipedia

琉球八社 普天満宮

普天満宮は、沖縄県宜野湾市普天間にある神社。宜野湾市で唯一の神社でもある。 現在の正式な社名は普天満宮となっている。別称は普天満権現。一般的には普天満神宮と呼称される。琉球八社の一つ。

引用:wikipedia

ぎのわん海浜公園

遊歩道、多目的広場、遊具などがある海沿いの公園とイベント施設。

引用:ぎのわん海浜公園

沖縄市

東南植物楽園

東南植物楽園は、沖縄県沖縄市知花に所在する日本の植物園、博物館相当施設である。年間を通して南国の景色が広がり、約1,300種5万株以上の植物を有する日本最大級の屋外植物園。

引用:wikipedia

沖縄こどもの国

沖縄こどもの国は、沖縄県沖縄市にあるこどもの国である。動物園を中心とした3つの施設があり、県内でも有数の教育普及施設である。 以前は、県内唯一の遊園地も併設されていたが、経営悪化のため1999年8月31日に閉館。その後、動物園なども改装工事のため一時閉館。2004年4月15日に財団法人沖縄こども未来ゾーン運営財団が、沖縄子ども未来ゾーンとしてリニューアルオープン。県内唯一のチルドレンズミュージアムである「ワンダーミュージアム」を併設する。 ホワイトライオン、アミメキリン等人気の動物と共に、琉球列島独自の生態系の魅力に触れる「アークおきまる」では沖縄県の豊かな生態系について感じ学ぶことができる。 ワンダーミュージアムは建物館内にインハウス工房を有する地上1階、地下2階の施設。こどものアイディアを活用する参加型の企画が数多く実施され、他に類を見ないその取り組みは県内外から注目されている。 沖縄県の郷土の魅力を発信し、沖縄の未来をつくる人材を育てる教育普及施設として、広く愛される施設である。通称「こどもの国」。

引用:wikipedia

沖縄県総合運動公園

沖縄県総合運動公園は、沖縄県沖縄市と中頭郡北中城村に位置する運動公園である。

引用:wikipedia

八重島公園

コザ運動公園

JAおきなわファーマーズマーケット ちゃんぷる~市場

中部ファーマーズマーケット「ちゃんぷる〜市場」は、平成19年11月にグランドオープンしました。「ちゃんぷる~市場」の愛称は、一般公募により、沖縄で親しまれている「野菜ちゃんぷるー」をイメージし、「いろいろな野菜がたくさんあり、人と人がつながる市場」を目指してネーミングしました。沖縄本島中部地域の生産者が自ら栽培した新鮮・安全な農作物や手作り加工品・お惣菜など旬の食材を直接皆さまにお届けします。

引用:JAおきなわ

うるま市

勝連城跡

勝連城は、沖縄県うるま市にあったグスクの城趾である。阿麻和利の城として有名。

引用:wikipedia

安慶名城跡

安慶名城は、沖縄県うるま市安慶名にあったグスクの城趾である。 15世紀から16世紀にかけて同城を拠点に沖縄本島中部一帯を三代にわたり支配した安慶名大川按司の拠点として知られ、1972年5月15日に国の史跡に指定された。

引用:wikipedia

マンタ公園

読谷村

残波岬灯台

残波岬灯台は、沖縄県中頭郡読谷村の残波岬突端に立つ白亜の大型灯台。周辺には、沖縄海岸国定公園に指定され、高さ30m-40mにも及ぶ断崖絶壁が約2kmも続く雄大な景観が広がる。

引用:wikipedia

座喜味城跡

座喜味城は、沖縄県中頭郡読谷村にあったグスクの城趾。日本軍が高射砲陣地を構築していたため、十・十空襲と沖縄戦でひどく破壊され、また1974年まで米軍基地ボーローポイントの通信基地となっていた。沖縄返還を機に城壁の調査と再建が行われ、通信基地の退役軍人も驚嘆するほどの美しいグスクとしてよみがえった。2000年、世界遺産にも登録された。

引用:wikipedia

体験王国むら咲むら

15 世紀の沖縄の生活をモチーフにしたカルチャー パーク。琉球ガラスのガラス吹きや陶芸のワークショップを体験できる。

引用:体験王国むら咲むら

渡具知ビーチ

渡具知ビーチ(とぐちビーチ)は沖縄県中頭郡読谷村の南西に位置する浜辺である。

引用:wikipedia

やちむんの里

やちむんの里はそれぞれ”独立して営業”している19の工房が集まる地域のことを言います。

引用:読谷村観光協会

残波岬公園

残波岬は、自然景観に恵まれた風光明媚な景勝地です。その残波岬一帯の海岸利用とあわせた自然条件の活用し、憩いの場として公園整備をしています。

引用:読谷村

嘉手納町

道の駅かでな

道の駅かでなは、本町の東部地区で、沖縄市、具志川市との道路結節点である交通条件と米軍嘉手納飛行場が一望できる観光スポットです。

引用:道の駅かでな

北谷町

美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ

美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジは、沖縄県北谷町美浜にあるリゾート地区。アメリカ合衆国の雰囲気を模したショッピング、エンターテイメントエリア。

引用:wikipedia

安良波公園

安良波公園内には全長約600mの白い砂浜が統くビーチ、「インディアン・オーク号」などのコンビネーション遊具や3on3バスケットボールコート、東屋などの休憩できるスポットもあり夕日鑑賞スポットとしても知られています。パラセーリングやドラゴンボートなど充実したマリンアクティビティを楽しめ、朝夕は多くの人が遊歩道のランニングやウォーキングを楽しんでいます。美浜アメリカンビレッジからは北谷公園沿いに徒歩で15分、車で約5分。18世紀に北谷沖で座礁したイギリス船「インディアン・オーク号」を北谷の人が乗組員を救出し帰国するまでの間、衣食住を与えて手厚くもてなした歴史から設置された「インディアン・オーク号」をモチーフにした遊具は、子供たちの遊び場として人気のスポットとなっています。インディアン・オーク号

引用:北谷町観光協会

北中城村

中城城跡

中城城は、沖縄県中頭郡北中城村・中城村に存在した日本の城。15世紀の琉球王国・尚泰久王代、護佐丸のグスクとして知られる。築城された時期は不明。ユネスコ世界遺産。 

引用:wikipedia

中村家住宅

中村家住宅は、沖縄県中頭郡北中城村にある歴史的建造物。国の重要文化財に指定されている。

引用:wikipedia

中城村

沖縄成田山福泉寺

当成田山は、中城山を背に、太平洋を前面にして、朝日が海の底から昇ってくる景勝の地に鎮ります。昭和50年大本山成田山御本尊分霊を勧請して以来、地元熱誠ご信徒の帰依を受け、年々歳々興隆発展し今や名実ともに沖縄における不動尊霊場の総府として特に正月、節分祭と毎年県下最高の賑わいを記録し人々の信仰を集めております

引用:沖縄成田山福泉寺