国内旅行

【2021年決定版】“初めての北海道旅行・観光スポット・一人旅行”【道南エリア】

函館市・鹿部町・北見市・根室市のみんなの口コミが沢山書かれているリアル情報をお届け

函館市(はこだてし)

特別史跡五稜郭跡・五稜郭公園

五稜郭は、江戸時代末期に江戸幕府が蝦夷地の箱館郊外に築造した稜堡式の城郭である。 予算書時点から五稜郭の名称は用いられていたが、築造中は亀田役所土塁または亀田御役所土塁とも呼ばれた。元は湿地でネコヤナギが多く生えていた土地であることから、柳野城の別名を持つ。

引用:wikipedia

五稜郭タワー

五稜郭タワーは、北海道函館市の特別史跡五稜郭に隣接する展望塔。五稜郭タワー株式会社が経営する民間の観光施設である。

引用:wikipedia

函館朝市

函館朝市は、北海道函館市にある市場の一つである。

引用:wikipedia

立待岬

立待岬は、北海道函館市住吉町にある、津軽海峡に面した岬である。 函館山の南東に位置する。津軽海峡につきでた断崖上にあるため展望が良く、天気の良い日には下北半島を望むことができ、また夜には津軽海峡上のイカ釣り漁船に漁火が見られ、付近には与謝野鉄幹・晶子の歌碑も設置され、函館の観光スポットとなっている。

引用:wikipedia

厳律シトー会 天使の聖母トラピスチヌ修道院

天使の聖母トラピスチヌ修道院は、北海道函館市郊外にあるトラピスト会系の女子修道院である。通称天使園とも呼ばれる。日本最初の観想女子修道院である。 庭園や売店は一般に開放されており自由に見学ができる。修道院内は男子禁制であるが一般開放エリアへの立ち入りは可能である。また売店内でお土産物として売られているマダレナやクッキーが有名で、函館土産としても知られている。 1898年にフランスから派遣された8名の修道女によって創立され、その後1925年と1941年の2回、火災に遭い再建をしている。 三木露風がここを訪ねて「野薔薇」を書き、山田耕筰作曲の日本歌曲として親しまれている。 

引用:wikipedia

元町公園

元町公園は、北海道函館市にある公園。「日本の歴史公園100選」選定。

引用:wikipedia

函館香雪園

香雪園は北海道函館市にある庭園。見晴公園内にある。

引用:wikipedia

函館市熱帯植物園

温室を備えた庭園。サル山のサルを観察できる

引用:函館市熱帯植物園

函館山ロープウェイ山麓駅・函館山展望台

函館山ロープウェイの駅

引用:函館山ロープウェイ株式会社

函館ひかりの屋台 大門横丁

JR函館駅より徒歩5分の距離にある屋台村。26店という店舗数は、東北似北最大級を誇ります。様々なジャンルの料理が揃っており、安く・楽しく楽しめる場所。北海道ならではの食材や、店主こだわりの料理に酔いしれてください。「大門バル」など多彩なイベントも定期的に開催しています。

引用:函館ひかりの屋台 大門横丁

函館市青函連絡船記念館摩周丸

函館市青函連絡船記念館摩周丸は北海道函館市にある博物館船である。日本国有鉄道青函航路に就航していた津軽丸型連絡船「摩周丸」の船体を使用し、内部も一部現役当時のものを残している。

引用:wikipedia

函館朝市 どんぶり横丁市場

1945年、戦後の闇市の一部から始まった函館朝市。1956年に現在の場所に移転してから今まで地元の人々は元より観光客の皆様に愛されて、函館を代表する観光スポットとして有名になりました。なかでも新鮮な海の幸を使ったどんぶりは、訪れた皆様のおなかと心を満たしてくれます。函館朝市どんぶり横丁市場は、2005年春にスタイリッシュかつ清潔感溢れる朝市の玄関として生まれ変わりました。どんぶり以外にも近海で獲れた新鮮なイカや魚介類等豊富に有り、有名店も軒を連ねておりますのでご来店の節には是非お立ち寄り下さい。

引用:函館朝市どんぶり横丁市場

函館八幡宮

函館八幡宮は、北海道函館市にある神社である。旧社格は国幣中社で現在は神社本庁の別表神社。 函館山の南東麓に東面して鎮座し、社地は函館市街を俯瞰する。北海道の開拓に関わる神として道民からの崇敬を集めた。

引用:wikipedia

鹿部町(しかべちょう)

道の駅しかべ間歇泉公園 -かんけつせんこうえん-

道の駅しかべ間歇泉公園は、北海道茅部郡鹿部町にある北海道道43号大沼公園鹿部線の道の駅である。この項目では、しかべ間歇泉公園についても記載している。

引用:wikipedia

大沼国定公園

大沼国定公園は、北海道にある国定公園。

引用:wikipedia

鹿部公園

川遊びができる河川敷や、散歩道、アスレチック遊具などがあり、人々の憩いの場として親しまれている「鹿部公園」は、隠れたお花見スポットです。毎年春には約300本の桜が咲き誇り、たくさんの花見客や遠足でにぎわいます。手入れの行き届いた芝生の上でくつろぐことができ、夏にはオオデマリ、秋にはナナカマドなど四季折々の花や草木を愉しむことができます。

引用:鹿部町

北見市(きたみし)

北の大地の水族館(山の水族館)

山の水族館は北海道北見市留辺蘂町の温根湯温泉にある淡水魚の水族館。北の大地の水族館とも呼称される。

引用:wikipedia

道の駅 おんねゆ温泉

道の駅おんねゆ温泉は、北海道北見市留辺蘂町にある国道39号の道の駅である。 

引用:wikipedia

北きつね牧場

北きつね牧場は、北海道北見市留辺蘂町花丘地区にあるキツネ専門の動物園。 温根湯温泉を代表する観光スポットの一つ。 開設は1983年で、現在は株式会社フォックスが運営している。

引用:wikipedia

サロマ湖 展望台

サロマ湖沿岸のほぼ中央に位置している標高376メートルの幌岩山は、周囲に高い山がないため、その眺望は一級です。山頂付近にあるサロマ湖展望台は、サロマ湖全体を見渡せる唯一の場所であり、湖と海を隔てる砂州、遠くはオホーツク海、果ては知床連山まで見渡すことができます。ここでしか見ることができない壮大なパノラマを、ぜひお楽しみください。

引用:佐呂間町

北見ハッカ記念館

北見ハッカ記念館は、北海道北見市にある資料館。この項目では隣接する薄荷蒸溜館についても記載している。

引用:wikipedia

根室市(ねむろし)

納沙布岬(のさっぷみさき)

納沙布岬は、北海道根室市にある岬である。根室半島の先端、東経145°49′、北緯43°22′に位置する。離島を除けば日本の本土最東端にあたる。日本の実効支配地域において、一般人が訪問可能な日本最東端地点である。

引用:wikipedia

納沙布岬灯台

納沙布岬灯台は、北海道根室市にある納沙布岬の突端に立つ白亜塔形の中型灯台。 北方領土や南鳥島を除いた日本の最東端の地に位置する。また、「日本の灯台50選」にも選ばれている。周辺は、北方四島や知床半島を望む、風光明媚の地。 かの「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計による八角形の木造で、北海道の洋式灯台としては最初のもの。ここと水晶島の間にある珸瑶瑁水道は暗礁浅瀬が多く、航海の難所として恐れられていて、灯台の建設が求められていた。 

引用:wikipedia

明治公園

明治公園は、北海道根室市にある公園。「日本の歴史公園100選」選定。 

引用:wikipedia

根室車石

根室車石は、北海道根室市の根室半島花咲岬附近一帯に広く分布し、方沸石を含み、アルカリ分に富む玄武岩質岩石中に見事な放射状節理の発達した球状岩体である。 1939年9月7日に、国の天然記念物となった。

引用:wikipedia

望郷の岬公園(四島のかけ橋)

納沙布岬を訪れると所々に北方領土関連の建物が目に付く。その中に北方領土返還記念シンボル像の「四島のかけ橋」がある。北方領土の返還を実現することは日本国民の心からの願いであるので、返還実現への固い決意を象徴するために建立されたのがこのモニュメントなのである。像の下には「祈りの火」があり、この公園の北方館の開館時間に合わせて燃え続けている。

引用:根室振興局

金刀比羅神社

金刀比羅神社は、北海道根室市にある神社である。

引用:wikipedia