国内旅行

【2021年決定版】“初めての北海道旅行・観光スポット・一人旅行”【道東エリア】

帯広市・釧路市のみんなの口コミが沢山書かれているリアル情報をお届け

帯広市

おびひろ動物園

おびひろ動物園は、北海道帯広市にある動物園。 

引用:wikipedia

緑ヶ丘公園

緑ヶ丘公園は、北海道帯広市にある公園。

引用:wikipedia

真鍋庭園

真鍋庭園は北海道帯広市稲田町にある農園、植物園。国内におけるコニファー希少品種の生産で知られる。総面積は100ヘクタールで日本一の面積。日本初のコニファー庭園とされる。

引用:wikipedia

北海道立帯広美術館

北海道立帯広美術館は、北海道帯広市にある美術館。 

引用:wikipedia

帯廣神社

帯廣神社は、北海道帯広市にある神社である。旧社格は県社。 大國魂神・大那牟遲神・少彦名神の開拓三神を祀る。

引用:wikipedia

道の駅 おとふけ 特産センター

道の駅おとふけは、北海道河東郡音更町にある国道241号の道の駅である。

引用:wikipedia

十勝ヒルズ

十勝ヒルズは、北海道中川郡幕別町にある農と食に関するテーマパーク。

引用:wikipedia

十勝が丘公園・花時計ハナック

十勝が丘公園は、北海道河東郡音更町にある公園。 十勝川温泉、十勝川温泉アクアパーク、十勝エコロジーパークに近接している。

引用:wikipedia

北海道立十勝エコロジーパーク・フワフワドーム

十勝エコロジーパークは、河東郡音更町・中川郡幕別町・中川郡池田町にかけてある公園。一部区域は道立公園になっている。

引用:wikipedia

帯広の森

帯広の森は、北海道帯広市・河西郡芽室町にある公園。平成5年度「都市景観100選」選定。

引用:wikipedia

釧路市(くしろし)

釧路市湿原展望台

釧路湿原を見て、知って、散策できる代表的な拠点。1階は入場無料で、ショップやレストラン等があります。2階からは有料展示となっており、釧路湿原を再現するゾーンには幻の巨大魚「イトウ」など、湿原の動植物を復元した展示物が多数。3階展望室と屋上からは湿原や釧路の街、阿寒の山々などパノラマの風景を望めます。また1周約2.5kmの遊歩道の途中にはサテライト展望台があり、右回りの約1kmはバリアフリーです。

引用:釧路・阿寒湖観光公式サイト

阿寒湖

阿寒湖は北海道東部、釧路市にある湖である。全域が阿寒摩周国立公園に含まれ、道東を代表する観光地となっている。淡水湖として北海道で5番目に大きい。 特別天然記念物のマリモや、ベニザケの湖沼残留型であるヒメマスが生息する。冬は全面結氷し、ワカサギ釣り、スケート、スノーモービルなどのウィンタースポーツが盛んで、阿寒湖氷上フェスティバル・冬華火などのイベントも開催される。周囲はエゾマツ・トドマツなどの亜高山帯針葉樹林、および広葉樹を交えた針広混交林の深い森に覆われている。 2005年11月、ラムサール条約登録湿地となった。 

引用:wikipedia

阿寒湖アイヌコタン

阿寒湖アイヌコタンは、36戸・約120人が暮らすアイヌコタン(集落)です。民芸品の制作・販売を営み、長年北海道の代表的なおみやげとして観光客の方から喜ばれてきました。特にヒグマや鳥、人間などを題材にした一流作家による精緻な木彫作品は、独自のアイヌ芸術として世界から高い評価を受けています。また、伝統ある「アイヌ古式舞踊」は祖先から伝承されてきた貴重な遺産として、北海道唯一の、国の重要無形民俗文化財に指定されています。新しい文化の創造としては、世界的に有名な口承叙事詩「ユーカラ」を劇化、パリ・ユネスコ本部・香港・台湾など国内外で数多くの公演を行い絶賛されました。

引用:阿寒湖アイヌコタン

ボッケ遊歩道・ボッケ

ボッケとはアイヌ語で「ポフケ」(煮え立つという意味)からつけられた地名です。ボッケは、地下から泥が火山ガスと共に吹き出て地上に盛り上がったり、あぶくの膜を破裂させたりする現象です。吹き出している泥は97度ほどにもなります。この辺りでは、熱水や火山ガスだけを噴出している場所もあり、当地域では50cm以上の雪が積もりますが、この辺りは地熱が高いため雪がほとんど積もりません。※大変危険ですので柵の中には入らないようにして下さい。

引用:阿寒湖畔エコミュージアムセンター

オンネトー・オンネトー展望台・オンネトー湯の滝

オンネトーは、北海道足寄郡足寄町東部・阿寒摩周国立公園内にある湖である。名前はアイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」の意味である。

引用:wikipedia

釧路市動物園

釧路市動物園は、北海道釧路市阿寒町にある動物園。 1975年に開園。総敷地面積47.8haとゆったりしており、北海道最大の動物園である。。国内最東端の動物園でもある。動物の保護研究機関として1995年に世界で初めてシマフクロウの飼育下での繁殖に成功しており、国内唯一のシマフクロウ保護育成センターになっている。 積雪期は園内に歩くスキーコースとそり山が開設され、用具貸出しも行われる。

引用:wikipedia

釧路湿原国立公園

釧路湿原国立公園は、北海道にある国立公園。

引用:wikipedia

細岡展望台

細岡展望台とは、北海道釧路郡釧路町字達古武22-9にある展望台である。

引用:wikipedia

釧路市こども遊学館

釧路市こども遊学館は北海道釧路市にある体験参加型の社会教育施設。科学館と児童館の機能を併せ持つ。

引用:wikipedia

釧路市立博物館

釧路市立博物館は、北海道釧路市にある博物館。 

引用:wikipedia

幣舞橋

幣舞橋は、北海道釧路市の釧路川に架かる橋。幣舞の名前はアイヌ語の「ヌサ・オ・マイ」が由来とされている。

引用:wikipedia

釧路厳島神社 社務所

厳島神社は北海道釧路市に鎮座する神社。釧路市民の守護神として仰がれている。旧社格は県社。御朱印は「釧路一之宮 厳島神社」となっている。知人岬の太平洋を見下ろす台地上に東面して鎮座し、境内には米町公園が接する。

引用:wikipedia

釧路市丹頂鶴自然公園

タンチョウヅルを保護する湿原の公園

引用:釧路市丹頂鶴自然公園

千代の浦マリンパーク

釧路市千代ノ浦マリンパークは、海や漁業と触れ合う場を提供することにより、余暇活動や生涯学習活動の充実に寄与するとともに、漁業との交流を通じて、水産業への理解とその振興に資することを目的に設置されています。パーク内には、滝や水路に海水が流れる親水広場をはじめ、多目的広場や遊具広場、休憩棟、釣り護岸(北海道所管施設)などを配置し、多くの市民や観光客に親しまれています。休憩棟内にはバーベキューコーナーがあります。事前予約の上、無料でご利用いただけます。

引用:北海道釧路市ホームページ

鶴見台

釧路湿原の北側に位置する、鶴居村のタンチョウ観察スポット。道道53号沿いに面しており、駐車場もあるので冬季は多くの人で賑わいます。タンチョウが見られるのは11~3月で、ピーク時は200羽近くが集まり優美なダンスを見せてくれます。

引用:釧路・阿寒湖観光公式サイト

マリモ展示観察センター

「阿寒湖のマリモ」は国の特別天然記念物に指定されており、現在では気軽に自然の状態では見ることが出来ません。阿寒湖に浮かぶチュウルイ島にある「釧路市阿寒湖のマリモ展示観察センター」では阿寒湖のマリモの観察や生態を学ぶことが出来ます。マリモの群生地に設置された水中カメラからのマリモの様子や、湖底をイメージした水槽で実物のマリモをじっくりと見ることができます。チュウルイ島へは遊覧船やモーターボートを利用して行くことが出来ます。

引用:釧路・阿寒湖観光公式サイト

網走市(あばしりし)

博物館 網走監獄

博物館網走監獄は、北海道網走市にある博物館。

引用:wikipedia

オホーツク流氷館

オホーツク流氷館は北海道網走市の天都山山頂にある流氷とオホーツク海をテーマとする網走市立の科学館。実物のオホーツク海の流氷を展示し、その発生の仕組み等を紹介する。そのほか、流氷の海に生息する、”流氷の天使”クリオネやフウセンウオなどの海洋生物を飼育展示する。 館建物には天都山展望台が併設されている。旧館の老朽化などにより建て替え工事が行われ、2015年8月1日より新館にて営業を行う。

引用:wikipedia

能取岬

オホーツク海に突き出た岬で、突端には灯台と管理事務所があるだけ。ここから西方は能取湖と常呂町の海岸、北方はすべてオホーツク海、東方は遠く知床連山が眺められます。眺望は最高です。

引用:網走市観光協会-

北海道立北方民族博物館

北海道立北方民族博物館は、北海道網走市にある博物館。北海道教育委員会が設置し、財団法人北方文化振興協会が指定管理者として管理をしている。英語名はHokkaido Museum of Northern Peoples。

引用:wikipedia

卯原内サンゴ草群落地

サンゴ草は塩分の多い湿地に生える葉の無い1年草で、高さは、10~20cm多くの節がある茎が対生し9月中旬から10月にかけて、サンゴのように美しく赤変し、ヤチサンゴ又はアッケシ草とも呼ばれている。わが国では、網走国定公園に最も多くみられ、とくに能取湖南岸の卯原内付近の大群落は日本で最も美しい景観を呈する。静かな湖面に澄みきった空に映えサンゴ草は水辺に深紅のじゅうたんを敷きつめたように広がり、北国の秋をひときわ深く印象づける。清閑で壮麗な風景がある。

引用:卯原内観光協会

メルヘンの丘

メルヘンの丘は北海道網走郡大空町にある丘。

引用:wikipedia

オホーツクシマリス公園

網走湖畔にあるオホーツクシマリス公園では、たくさんのシマリスと触れ合うことができます。リスが園内を元気に動き回っていますが、えさをあげようとするとかわいらしく近づいてきます。癒しを求めている方には最適の空間です。

引用:網走市観光協会

網走湖ワカサギ釣り

■期間 1月上旬~3月中旬■会場 網走湖(網走市呼人823-2地先 国有地)■時間午前8時30分から午後4時アクセス女満別空港よりバスで約20分。網走駅よりバスで約10分。(バス停、網走観光ホテル前下車、徒歩300M。国道39号線沿い。)遊漁料大人800円、小人400円(小学生)貸し竿150円仕掛け250円エサ200円穴あけ300円貸しイス100円貸しテント2人用:2000円、3人用:3000円、4人用:4000円※10名以上団体割引有(1週間前までの予約制)

引用:網走市観光協会

北海道立オホーツク公園

北海道立オホーツク公園は、北海道網走市にある公園。

引用:wikipedia

オホーツク流氷館・天都山展望台

標高207メートルにある展望台からは、網走湖や阿寒の山並みが一望できる。1階には観光情報コーナー、2階にはレストランがある。

引用:オホーツク流氷館

道の駅 メルヘンの丘めまんべつ

道の駅メルヘンの丘めまんべつは、北海道網走郡大空町女満別昭和にある国道39号の道の駅である。2003年8月8日に登録された。

引用:wikipedia

流氷硝子館 Ryu-hyo Glass Museum

流氷硝子館は北海道網走市にあるガラス製品製造・販売・製作体験ができる施設。2010年設立。社屋は魚のすり身工場であった建物を大規模リフォームしている。 館内は、硝子溶解炉やグローリーホールからでる熱がダクトを通り、高温で多量の排熱を効果的に循環させる環境に配慮した施設となっている。施設は道の駅に隣接しており、岸壁側面には流氷硝子館ライブカメラが設置してある。カメラはオホーツク海を一望でき、流氷観光砕氷船おーろら号の発着の様子や、網走のシンボル「帽子岩・二つ岩・能取岬」が見える。2月頃には日々変わる流氷の様子も見られる。

引用:wikipedia

小清水町(こしみずちょう)

小清水原生花園

小清水原生花園とは、北海道斜里郡小清水町にある砂丘上の草原地帯に広がる原生花園である。

引用:wikipedia

ゆりの郷こしみずリリーパーク

700万本のユリが咲く色鮮やかな観光花畑。小清水原生花園に咲くエゾスカシユリやエゾキスゲに代表される「ゆりのまち」小清水町。ゆりの郷こしみず「リリーパーク」は市街地に近い国道334号の丘陵部にある。13ヘクタールの園地内には、スカシ系・オリエンタル系など世界中の100品種以上、約700万輪の多彩なゆりが色鮮やかに広がっている。開園期間は毎年7月中旬から9月上旬までで、見頃は7月下旬から8月いっぱいだが、多様な品種が植えられているため、訪れるたびに異なるユリを楽しむことができる。またカートに乗ってその時々の見どころを案内してもらえる園内ツアーも好評で、ピーク時には多くの利用がある。

引用:小清水町観光情報

フレトイ展望台

小清水原生花園とオホーツク海を見下ろす小高い丘に建つ展望台。JR浜小清水駅および道の駅 はなやか(葉菜野花)小清水に隣接しています。流氷が接岸する2月には、網走から知床半島まで海岸を埋め尽くす流氷が一望でき、360度の展望は美しい朝日と夕日を見るのに絶好の場所となっています。

引用:小清水町観光協会

ひがしもこと芝桜公園

ひがしもこと芝桜公園は、大空町にそびえる藻琴山の麓にある、10haの広さを誇る芝桜の名所です。1摘みの株からはじまり、たった一人の農家によって作られた芝桜の丘はピンク色の可憐な花と抜けるような青空のコントラストが美しく、見る人の心の中に、より深く感動が刻み込まれることでしょう。

引用:ひがしもこと芝桜公園