国内旅行

【2021年決定版】“初めての京都旅行・観光スポット・一人旅行”【乙訓エリア】

向日市、長岡京市、大山崎町のみんなの口コミが沢山書かれているリアル情報をお届け

向日市(むこうし)

向日神社

向日神社は、京都府向日市に鎮座する神社。向日明神とも。式内社で、旧社格は府社。

引用:wikipedia

長岡宮跡

 向日神社のある場所は京都・嵐山から続く丘陵地の先端。長く続く岡の東にひろがる向日市付近は、古くから「乙訓郡長岡村」と呼ばれていました。長岡村におかれた都だから長岡京。とくに向日市には、大極殿や朝堂院、内裏など国の重要な諸施設が立ち並ぶ、長岡宮と呼ばれる区画がありました。

引用:京都府向日市

長岡京市

長岡天満宮

長岡天満宮は、京都府長岡京市天神にある神社。旧社格は府社。市民からは「天神さん」と呼ばれ親しまれている。 長岡京市はかつて山城国乙訓郡長岡と呼ばれ、延暦3年桓武天皇が平城京から都を移した長岡京が造営された所であり、長岡天満宮は都の西南の外れに位置している。文化事業の一環として4月下旬には「霧島コンサート」、8月下旬には「宵宮コンサート」が開催される。同コンサートはクラシックの生演奏に身近にふれる機会として、音楽好きの市民に親しまれている。

引用:wikipedia

楊谷寺

楊谷寺は、京都府長岡京市にある西山浄土宗の寺院。独鈷水の寺として、また近年は紫陽花の寺としても知られている。通称柳谷観音。縁日は毎月17日。新西国三十三箇所第17番札所。

引用:wikipedia

光明寺

光明寺は、京都府長岡京市にある寺院。西山浄土宗の総本山。法然が初めて「念仏」の教えを説いた地である。また、紅葉の名所としても広く知られる。

引用:wikipedia

勝竜寺城公園

勝龍寺城は、現在の京都府長岡京市勝竜寺に所在した、南北朝時代から江戸時代初期に存在していた日本の城である。城名は付近の同名古刹に由来する。安土城に先行する「瓦・石垣・天主」を備えた近世城郭の原点として評価される。

引用:wikipedia

乙訓寺

乙訓寺は、京都府長岡京市にある真言宗豊山派の寺院。牡丹の寺として知られる。

引用:wikipedia

大山崎町(おおやまざきちょう)

アサヒビール大山崎山荘美術館

アサヒビール大山崎山荘美術館は、京都府乙訓郡大山崎町にある京都府の登録博物館。運営は公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団。大阪府と京都府の境にある天王山の山腹に位置し、眼下に木津川・宇治川・桂川の三川が淀川へと合流する美しい風景を見ることができる。

引用:wikipedia

天王山

天王山は、京都府乙訓郡大山崎町の山。西側の山腹を、摂津国と山城国の国境がよぎる。 山名は、中腹に牛頭天王を祀る山崎天王社があることに由来する。

引用:wikipedia

宝積寺(宝寺)

宝積寺は、京都府乙訓郡大山崎町の天王山中腹にある真言宗智山派の寺院。山号は天王山。、本尊は十一面観音である。724年、聖武天皇の勅命を受けた行基による開基と伝える。 聖武天皇が夢で竜神から授けられたという「打出」と「小槌」を祀ることから「宝寺」の別名があり、銭原山宝寺、大黒天宝寺ともいう。

引用:wikipedia

観音寺(山崎聖天)

山崎聖天は、京都府乙訓郡大山崎町にある真言宗系単立の寺院。正式の寺号は観音寺。「山崎聖天」の通称で信仰を集めている。 天王山の東側山腹に位置する境内には桜が多く植えられており、春には多くの行楽客が訪れる。

引用:wikipedia

聴竹居

聴竹居は、京都府乙訓郡大山崎町に所在する歴史的建築物。1923年に建築家藤井厚二の自邸として建てられた。

引用:wikipedia

小倉神社

小倉神社は京都府乙訓郡大山崎町円明寺鳥居前にある神社。式内大社で、旧社格は郷社

引用:wikipedia